よくあるご質問

受診時に関するよくあるご質問

受診の際にクリニックの予約は必要ですか?
新松戸下肢静脈瘤クリニックは、待ち時間が少なく丁寧かつスピーディな診療を心がけているため、予約優先制とさせていただいております。ただし、お電話でのご予約が難しい方や、症状が急に辛くなってしまう患者様もいらっしゃるため、予約なしでもできる限り対応させていただいております。その場合、診察まで少々お時間をいただいてしまうこともあるかもしれませんが、ご了承ください。
下肢静脈瘤の治療では、健康保険は適応されますか?
新松戸下肢静脈瘤クリニックは、下肢静脈瘤におけるすべての予防・治療・手術で健康保険が適応されます。自由診療の治療となることは、特別な場合を除いてほとんどありませんのでご安心ください。
下肢静脈瘤の初期症状はどのようなものですか?
下肢静脈瘤の代表的な初期症状は、ふくらはぎのこむら返り、足の痛み、足のむくみ、凸凹した血管の浮き上がり、血管の瘤(こぶ)状の腫れなどが挙げられます。これらの症状に心当たりのある方は、たとえ明らかな静脈瘤の瘤がみられなかったとしても、下肢静脈瘤が進行している場合があるため、早めの受診をおすすめいたします。
下肢静脈瘤の手術は高齢でも受けられますか?
自力で歩くことができる方は手術可能です。下肢静脈瘤の手術は特に年齢制限を設けておりませんのでご安心ください。ただし、健康状態に不安のある方や、手術に適さないお薬を内服されている方は、手術ではなく、より身体への負担が少ない「硬化治療」をおすすめすることがあります。患者様それぞれに合った治療方法をご提案いたしますので、まずはお気軽にお越しくださいませ。
初診の場合は紹介状が必要ですか?
当クリニックは初診の場合でも特に紹介状は必要ありません。紹介状のあり・なしによって価格が変動することもございませんので安心してお越しください。
初診費用はどのくらいですか?
当クリニックでは健康保険が適応されるため、1割負担の方は初診料900円程度、3割負担の方は初診料2,700円程度となっております。なお、健康保険適応の場合の診察報酬は全国統一の価格のため、当クリニック以外の保険治療を行う下肢静脈瘤クリニックとの差異はございません。
会計方法は現金のみですか?
新松戸下肢静脈瘤クリニックでは、現金の他に各種クレジットカード決済がご利用いただけます。 金額の詳細については当クリニックホームページ内の「費用について」に記載しておりますので、そちらをご覧ください。
駐車場はありますか?
恐れ入りますが、当クリニックには専用の駐車場のご用意がございません。なお、手術をお受けになる方は、車の運転は控えていただく必要がありますので、電車・バス・タクシーなどの公共交通機関をご利用のうえ、ご来院ください。

下肢静脈瘤と治療に関するよくあるご質問

下肢静脈瘤はどのような原因で発症するのですか?
下肢静脈瘤は日本人の10人に1人(妊娠・出産を経験した女性の場合は2人に1人)の割合で発症する病気です。発症しやすい方は50代以降の方、長時間の立ち仕事をされている方、妊娠・出産を経験されたことのある方(※特に2人以上出産経験のある方)、肥満気味の方、遺伝(※ご両親のうちのどちらかが発症経験がある方の場合は45%の確率、ご両親ともに発症経験がある方の場合は90%の確率で罹患)などが挙げられます。
下肢静脈瘤は自然治癒しますか?または、自分で治す方法はありますか?
下肢静脈瘤は進行性の症状であるため、自然に治るということはありません。かなり軽度な状態であれば、日々の生活習慣やマッサージなどで改善が見込める場合も稀にありますが、基本的には通院による治療・手術が必要となります。放置しておくと、血栓(血の塊)による炎症や、皮膚の黒ずみ、潰瘍による皮膚のただれや出血などが発症する場合があるため、快適な生活を送るためにもなるべく初期症状の段階で受診することをおすすめいたします。
遠方から行きたいのですが、初診時にそのまま治療を受けることはできますか?
はい、可能です。初診時に行える治療方法は、「硬化治療」と「弾性ストッキング指導」のほかに「高周波およびレーザー」による治療が可能です。なお、高周波およびレーザー治療を希望される場合は、術前の心電図および血液検査が必要となりますので予めご了承ください。     
下肢静脈瘤の手術時間はどれくらいかかりますか?
手術の種類によって異なりますが、硬化治療の場合は約10分、高周波およびレーザー治療の場合は約30分ほどです。なお、高周波およびレーザー治療を行う場合は、手術説明・準備・術後の休息などを含めると、当日のクリニックの滞在時間は合計3時間程度を見ていただければ問題ありません。
下肢静脈瘤の手術後、翌日から仕事をすることは可能ですか?
下肢静脈瘤の高周波およびレーザー治療の翌日は、足の包帯を外したうえで、「弾性ストッキング」を履いていただければお仕事することは可能です。ただし、筋肉痛のような痛みがあったり、内出血が発生したりする場合がありますので、特に力仕事や、長時間の立ち仕事の方は、手術翌日はお休みすることをおすすめいたします。短時間の歩行、座りながらの仕事などであれば特に問題ございません。
下肢静脈瘤の手術ではどのような麻酔を使用しますか?
新松戸下肢静脈瘤クリニックの高周波およびレーザー治療は、局所麻酔と静脈麻酔を併用しています。局所麻酔は体の一部分の痛みを麻酔薬によって取り除く方法で、静脈麻酔は点滴によって麻酔薬を入れて眠らせる方法です。
    
下肢静脈瘤の手術・治療における費用はおいくらですか?
新松戸下肢静脈瘤クリニックの手術・治療費用はすべて保険診療となっています。そのため、健康保険の自己負担金額の割合は全国統一基準です。費用の詳細については当クリニックホームページ内の「費用について」に記載しておりますので、そちらをご覧ください。
下肢静脈瘤の治療は、民間の医療保険の対象にもなりますか?
最近は民間の医療保険および生命保険会社も、下肢静脈瘤のレーザー治療を「手術給付金」の対象として、治療費の支給も増えています。ただし、各保険会社によって内容・条件が異なりますので、くわしくは保険会社にお問い合わせくださいませ。
過去に手術を行った下肢静脈瘤が再発したのですが、治療は可能ですか?
当クリニックでは、他院での手術後に再発した場合などのセカンドオピニオン治療にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。大きな静脈瘤については、以前の手術で取り除かれているため、再発の際には負担の少ない「硬化治療」で解決できることがほとんどです。ただし、初回の手術が不完全だったり、静脈瘤が大きい場合には高周波およびレーザーによる治療が必要となる場合もあります。
下肢静脈瘤の治療期間を教えてください。
下肢静脈瘤の高周波およびレーザー治療の治療期間については以下の日程が目安となります。ただし、再診の日程は厳密に決まっているわけではないので、患者様のご都合に合わせて調整することが可能です。なお、下肢静脈瘤の「硬化治療」も初診当日に行うことができ、日帰り治療が可能です。
1:初診および各種検査
2:初診当日に検査結果がわかり次第、手術を実施
3:手術後3日目まで経過観察
4:1ヶ月後および3ヶ月後に再診のためのエコー検査
下肢静脈瘤は1回の高周波およびレーザー治療で治りますか?
下肢静脈瘤の高周波およびレーザー治療を受けた100人中96人が1回の治療で完治しており、再発率はわずか4%であると報告されています。万が一、症状が再発したとしても、その後の治療によって完治することは可能です。下肢静脈瘤の初期症状に悩まされている方は、ぜひお早めに当クリニックまでご相談ください。
遠方からでも受診可能ですか?また、下肢静脈瘤の手術後に1人で帰れますか?
はい、可能です。下肢静脈瘤の手術後は、足を圧迫するための包帯を巻きます。そのため、1人で歩行すること、座席に座ることなどは、足が少々窮屈である点を除けば、特に問題ありません。ただし、手術当日の運転は控えていただく必要があるため、万が一お車でいらっしゃる場合は、同伴の方とご一緒に来院していただいております。